ヴァーン・シュパン

ヴァーン・シュパン
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1943-03-19) 1943年3月19日(79歳)
F1での経歴
活動時期 1972, 1974 - 1975, 1977
所属チーム BRM, エンサイン, ヒル, サーティース
出走回数 13 (9 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1972年ベルギーGP
最終戦 1977年オランダGP
テンプレートを表示
1983年のル・マン24時間レースで優勝した際の車両

ヴァーン・シュパンVern Schuppan1943年3月19日 - )はオーストラリア出身[1]レーシングドライバーである。1983年のル・マン24時間レース優勝者。バーン・シュパンと表記することもある。

略歴

カートからイギリスのフォーミュラ・フォードでレースデビュー[1]1971年イギリス フォーミュラ・アトランティックチャンピオンを獲得[1]した。1972年以降フォーミュラ1に9戦出場[1]1981年にマクラーレン・M24でインディ500に出場し3位を獲得した[1]

1981年のインディ500[1]でペンスキーのリック・メアーズ[1]が給油中の火災で火傷を負い、1981年のル・マン24時間レースに出場できなくなり、その代役としてヨッヘン・マス[1]/ハーレイ・ヘイウッド[1]との組でジュールズがスポンサード[1]するポルシェワークス[1]ポルシェ・936[1]で出場した。ただこの時はトラブルが多く、まず点火プラグが不調、次にトランスミッションが不調となり、どちらもすぐに2番手まで回復したがシュパンが運転中に燃料噴射装置が故障、応急処置を施し1時間程掛かったもののピットに戻り、12位で完走した。

1981年の実績から[1]レース部門責任者だったヘルムート・ボット[1]が1982年のWECル・マン24時間レースへの出場を打診、1982年のル・マン24時間レースにはヨッヘン・マス[1]との組でポルシェ・956[1]を運転し2位入賞した[1]

1983年のル・マン24時間レースではアル・ホルバートとの組[1]ポルシェ・956[1]に乗った。残り2時間で左側ドアが吹き飛び[1]冷却不足になりエンジンが過熱[1]、アル・ホルバートがエンジンから白煙を吐かせながらも[1]だましだましゴールまで走らせて優勝した[1]

1983年から始まった全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権藤田直廣とのチームで参戦(トラストポルシェ・956)[1]、後に自らのチームを作ってポルシェ・962Cを走らせ[1]シュパン・962CRを企画[1]した。

レース戦績

マカオグランプリ

チーム シャーシー/エンジン 予選 レース1 レース2 総合順位
1974年 香港の旗 セオドール・レーシング マーチ・722 フォード 3位 1位
1975年 香港の旗 セオドール・レーシング マーチ・722 フォード・BDA 2位 不明
1976年 香港の旗 セオドール・レーシング ラルト・RT1 フォード・BDA 3位 1位
1977年 香港の旗 ジョン・マクドナルド ラルト・RT1 フォード・BDA 3位 Ret
1979年 香港の旗 セオドール・レーシング マーチ・792 フォード・BDA 13位 Ret
1983年 オーストラリアの旗 Equipe 66 ラルト・RT3 トヨタ 21位 17位 Ret NC

全日本フォーミュラ2000選手権

所属チーム マシン エンジン タイヤ 車番 1 2 3 4 5 順位 ポイント
1973年 Singapore Airlines マーチ・722 コスワース・BDA F 6 FSW
Ret
SUZ SUZ SUZ NC 0
1975年 SABENA セオドール・レーシング ラルト・RT1 ハート・420R G 11 FSW SUZ FSW SUZ SUZ
4
-[2] -[2]

全日本耐久選手権

所属チーム コドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 順位 ポイント
1983年 トラスト 日本の旗 藤田直廣 ポルシェ・956 C SUZ
1
SUZ
1
FSW
3
1位

ル・マン24時間レース

ル・マン24時間レース 結果
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 順位 クラス
順位
1973年 イギリスの旗 ガルフ・リサーチ・レーシング イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド
イギリスの旗 ジョン・ワトソン
ミラージュ・M6-コスワース S
3.0
112 DNF DNF
1974年 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル ガルフ・GR7-コスワース S
3.0
49 DNF DNF
1975年 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジョッソー ミラージュ・GR8-コスワース S
3.0
330 3位 3位
1976年 アメリカ合衆国の旗 グランド・ツーリング・カーズ イギリスの旗 デレック・ベル S
3.0
336 5位 4位
1977年 アメリカ合衆国の旗 グランド・ツーリング・カーズ
フランスの旗 ミラージュ・ルノー
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ ミラージュ・GR8-ルノー S
+2.0
331 2位 2位
1978年 アメリカ合衆国の旗 グランド・ツーリング・カーズ フランスの旗 ジャック・ラフィット
アメリカ合衆国の旗 サム・ポージー
ミラージュ・GR9-ルノー S
+2.0
293 10位 5位
1979年 アメリカ合衆国の旗 グランド・ツーリング・カーズ
フランスの旗 フォード・コンセッショナリーズ・フランス
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジョッソー
イギリスの旗 デヴィッド・ホッブス
ミラージュ・M10-コスワース S
+2.0
121 NC NC
イギリスの旗 デレック・ベル
イギリスの旗 デヴィッド・ホッブス
S
+2.0
262 DNF DNF
1981年 ドイツの旗 ポルシェ・システム ドイツの旗 ヨッヘン・マス
アメリカ合衆国の旗 ハーレイ・ヘイウッド
ポルシェ・936 S
+2.0
312 12位 2位
1982年 ドイツの旗 ロスマンズポルシェ・システム ドイツの旗 ヨッヘン・マス

ポルシェ・956 C 356 2位 2位
1983年 アメリカ合衆国の旗 ハーレイ・ヘイウッド
アメリカ合衆国の旗 アル・ホルバート
C 370 1位 1位
1984年 ドイツの旗 ポルシェ・クレマー・レーシング オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
C1 337 6位 6位
1985年 ドイツの旗 ロスマンズポルシェ AG アメリカ合衆国の旗 アル・ホルバート
イギリスの旗 ジョン・ワトソン
ポルシェ・962C C1 299 DNF DNF
1986年 ドイツの旗 ヨッヘン・マス
フランスの旗 ボブ・ウォレク
C1 180 DNF DNF
アメリカ合衆国の旗 ドレイク・オルソン

C1 41 DNF DNF
1987年 ドイツの旗 ヨッヘン・マス
フランスの旗 ボブ・ウォレク
C1 16 DNF DNF
1988年 ドイツの旗 ポルシェ AG フランスの旗 ボブ・ウォレク
南アフリカの旗 サレル・ヴァン・デル・メルヴェ
C1 192 DNF DNF
1989年 オーストラリアの旗 チーム・シュパン スウェーデンの旗 エイエ・エリジュ
オーストラリアの旗 ゲイリー・ブラバム
C1 321 13位 10位

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『Racing On』466号 pp.54-57。
  2. ^ a b JAF(日本自動車連盟)ライセンスではない外国ライセンスドライバーはポイント対象外。

参考文献

タイトル
先代
ジャッキー・イクス
デレック・ベル
ル・マン24時間勝者
1983 with:
アル・ホルバート
ハーレイ・ヘイウッド
次代
クラウス・ルートヴィッヒ
アンリ・ペスカロロ
イギリスの旗 エンサイン
創設者
  • イギリスの旗 モーリス・ナン
主なチーム関係者
主なドライバー
F1マシン
主なスポンサー
全日本耐久選手権
1980年代
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権
1980年代
1990年代